iPhone持ち込み修理ってどうなの?Apple storeに行って直してもらいました!

iPhoneの持ち込み修理に行ってきました!
修理をお願いした場所は新宿にあるApple storeです。マルイのところにあります。

バッテリー交換をしてもらいました。

家電量販店などでも対応してもらえるのですが、あえてApple storeにしました。(なぜなら、一度お店に入ってみたかったから、です! )

iPhoneの持ち込み修理 をする際の予約の取り方から当日の流れ、その他事前に準備しておくべきことを以下で紹介します。

★パスワード再設定についての記事もあるのであわせてそちらもどうぞ!
>Apple IDのパスワードを忘れてしまった時の解決法!再設定のやり方などをまとめました!

この記事の内容
  • 修理の予約を取る
  • 修理当日までにしておくべきこと
  • 当日の流れ
  • 修理が終わったら

それではよろしくお願いします。

まずは予約を取ります。アプリから予約を取るやり方が簡単だったのでそちらについて書こうと思います。

Appleの公式サイトからでも予約はできそうです。
>Apple - サポート - 解決策

Apple サポートのアプリを開く

まずはアプリを開きます。インストールされていなければstoreから入手しておきます。

製品>マイデバイスに表示されているiPhoneを選択すると次のような画面が表示されます。

iPhone 修理予約1

バッテリー交換の場合はトピックの一番上にある「修理と物理的な損傷」を選択します。

日時予約の画面を表示させるまで

続いて「バッテリー交換」を選択します。

iPhone 修理予約2

「今すぐチェック」を選択すると電池の状態を調べてくれます。

iPhone 修理予約3

最大容量が80%未満の場合は次の画面に表示されている「修理オプションサービス」に進みます。

【メモ】
最大容量が80%以上だけど電池交換がしたい、という場合は、 「修理と物理的な損傷」 の一番下にある「問題を具体的に記入」から"バッテリー交換"と記入すると日時予約の画面を表示することができます。

iPhone 修理予約4

「予約する」を選択します。

iPhone 修理予約5

持ち込み修理の場所と日時を決める

「ストアを選択」で行こうとしている地域でお店を検索します。ここでは"新宿"で調べてます。リスト表示と、あと地図表示もできるので調べやすいほうで調べれば良いと思います。

iPhone 修理予約6

お店を選択したら日時の選択になります。ここで自分の都合の良い日時を選びます。

iPhone 修理予約7

日時を選ぶと電話番号を聞かれるので自分の番号を入力します。

iPhone 修理予約8

予約完了

電話番号の入力が終われば予約が完了し次の画面が表示されます。

iPhone 修理予約完了1

Apple IDのメールアドレスにも次のような予約完了のメールが届きます。

【メモ】
このメールに載っているQRコードは当日に必要になるのでこのメールは削除しないよう注意です。

iPhone 修理予約2

予約はこれで終了です。

当日までにしておくべきこと

予約が完了したときに表示されていますが、修理してもらう前にいくつか準備はしておいたほうがいいとのことです。

事前準備

・iPhoneのバックアップ

・iOSの更新

・Apple IDパスワードの確認

・「iPhoneを探す」をオフ

何もしなくても修理はしてもらえそうですが、iPhoneのバックアップとパスワードの確認だけは最低限実施しておくことを推奨します。極々稀にデータが破損するときがあるらしいので。

当日の流れについて

Apple storeに向かう

新宿のApple storeの場合はJR新宿駅東口からビックカメラやみずほ銀行がある通りを5分くらい歩いたところにあります。新宿三丁目の駅であればほぼ目の前です。

まずは受付から

Apple store の店内の入り口付近に店員さんが複数人待機しています。誰でもいいので待機している店員さんに持ち込み修理の予約をしている旨を伝えます。ここで予約完了メールに載っていたQRコードを読み取ってもらいます。なのでQRコードはあらかじめスマホで表示させた状態にしておくとスムーズに事が進むと思います。QRコードの読み取りができたら受付は終了です。

修理について説明を受ける

受付が終わったら店に入って左手側の角のところに連れていかれ、担当の人が来るまで少し待ちます。担当の人が見えたら次は店内中央の椅子があるところに移動し、そこにある椅子に座ります。まずは修理に出すiPhoneでQRコードを読み取るよう指示があるので読み取ります。このとき iPhoneがオフライン状態だと先に進まないのでWi-Fiなどにつないでおく必要ありです。店内にAppleのWi-Fiが通っているのでそれに接続してもOKとのことでした。

QRコードを読み取ると、端末の状態を診断するプログラムが実行されるので終了するまで少し待ちます。

待っている間にiPhoneの修理(今回はバッテリー交換)について説明を受けます。

修理について

・iPhoneのバックアップは取ってあるか

・内部破損や水没していた場合は修理できないので未修理のまま返却することになる

・修理の過程で保護フィルムが破損する場合がある

・稀に本体やデータが破損してしまう場合がある。その場合は本体の取りかえも可能。
 ※iPhone7の場合だと40000円くらい

・所要時間は約1時間

・時間になったら Apple store に再度来店し、名前と修理の受け取りに来た旨を伝えればOK

・受け取りの際には本人確認証が必要(運転免許証や保険証などの名前が確認できるもの)

・修理費用は税込み5940円

大まかにこのような内容の説明をされます。説明を受け終わったころには実行していたプログラムも終わっています。店員さんが診断結果を見て「バッテリーが劣化しているので交換した方がいいですね」というようなことを筆者の場合は言われましたね。

iPhoneを預かってもらう

説明を受けて診断プログラムも完了したら、修理に出すiPhoneを預かってもらいます。あとは時間になるのを待つだけです。店を出て1時間ほど時間をつぶしましょう。

時間になったら再度Apple storeへ

予定の時間が来たら Apple store に戻ります。修理の説明時に言われたように入り口付近の店員さんに名前と修理の受け取りに来た旨を伝えると、店に入って右手側の受け取りスペースに連れていかれるので担当の人が来るまで少し待ちます。

修理後のiPhoneを受け取る

担当の人が見えると受け取りの手続きに入ります。修理後のiPhoneを持ってきてくれています。まずは本人確認証を掲示して本人確認してもらいます。次に問題なく修理が終わったということとiPhoneを開いてバッテリーの最大容量が100%になっていることをその場で見せてくれます。

確認して特に問題なければあとは支払いです。現金かカードで代金を支払います。

最後に「90日は無償でサポートが受けられるので連絡してください」といった内容の説明を受けます

これで持ち込み修理は終了です。

修理前後のiPhoneのバッテリー最大容量を比較

バッテリー交換してもらったことでiPone7のバッテリーの最大容量が100%になりました。

iPhone 修理前バッテリー状態
修理前
iPhone 修理後バッテリー状態
修理後

修理が終わったら

領収書がメールで届く

代金の支払いが終わったときに紙の領収書などは渡されません。修理に出したiPhoneが手渡されるだけです。領収書についてはApple IDのメールアドレス宛てに届きます。「Apple 新宿からの領収書です」という件名のメールに添付されているPDFが領収書です。ファイルの内容はこのような感じです。

iPhone 修理の領収書メール

その他に「Apple Storeサービス確認書」といったメールも届いています 。

おわりに

以上、iPhone持ち込み修理の流れについてでした。

配送修理の場合はiPhoneが戻ってくるまで数日かかるとのことですが、持ち込み修理だと1時間ちょっとあれば修理が終わる(バッテリー交換のとき)ので手っ取り早く済ますことができます。すぐにバッテリー交換がしたいという場合は持ち込み修理を検討すると良いと思います。

Apple storeには初めて入ったのですが思っていたより広いですね。店の外観の写真を撮っている方もいました。それと1つ気になったことが・・店内の入り口左側にタブレットを持った従業員の方?が立っていて何かしていたのですがあれは来店者の人数でも数えていたのでしょうか。画面に数字が表示されていたのでそうなのかなと思いましたが実際のところどうなのでしょう。調べれば何か出てくるのかな。まあいいか。

これで終わります!

コメントを残す

CAPTCHA